しばらく行ってません。フィリピンに行きたい〜exclamation



KDDIスーパーワールドカード額面5350円10枚セット →37,000円

2006年11月14日

○○と呼ばれて

レンタカーがホテルに到着直後、エイプリルのお母さんに
再々々・・再度、電話してみます。もう何度目のコールなのか。
すると・・・。

   おっ、電波アリ!
   ヤッタ!

長ベル後、お母さんらしき女性が出ます。
夢タロウは、ホント拙い英語で、ご挨拶をし
これからおじゃましたい旨を申し入れ、快諾ゲット!

で、即出発!
レンタカーはハイウェイをひた走り、某所へと向かいます。
ところどころで、交通整理のおっさんやセキュリティーゲートの
お兄ちゃんに道を尋ね、ありゃま簡単、エイプリルのご自宅が
すぐ見つかりました。マカティを出てから1時間もたっていません。

  ここで、課題その2
  「住所だけで自宅にたどりつけるのか!?」は
  なんなくクリア!

家の前には、日本で言えば中学生ぐらいの、エイプリルの
弟らしき男がたたずんでいます。僕らの姿を見つけると
すぐに家の中に駆け込み、そして中年女性とともに出てきました。

  間違いナイ!
  エイプリルのお母さんだぁーーー!
  目元がそっくりじゃないかぁ!

玄関先での簡単なご挨拶の後、家に通されます。
仲間たちとともに、リビングのソファーに腰かけます。
1階は1LDK。狭いながらも、こぎれいな室内です。
あちらこちらに、エイプリルの写真が貼ってあります。

改めて、夢タロウは自己紹介&お母さんと握手を交わします。
お母さんは、その場にいた、弟とエイプリルの子供らしき子を
紹介してくれました。
そして、さらに、お母さんは、その子供にタガログ語でなにやら
話しかけてます。

 「○%○、“ダディ”、夢タロウ、○&%#、キス、○%&」

どうやら僕にキスをしろと言っているようです。
だけど・・・・・・。

  ダディー?
  ナンデ?ダディ!
  夢タロウ、絶句っーーー!!!

して、課題その3
「お母さんとのコミュニケーションはうまくいくのか?」
については、ダディと呼ばれちゃって、これって、どうなの?
ミッション・コンプリートなの????

・・・フィリピンとフィリピーナを愛して


posted by 夢タロウ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピン現地の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。